三菱電機「MJ-180MX」大容量18L/日除湿機の口コミレビューと大手通販最安値!入手は今が最適!

2018y05m13d_194909126.jpg


一般家庭用衣類除湿乾燥機の中では最大の、除湿量18L/日クラスの選択肢として
必ず出てくるモデル。
コンプレッサー型です。

 三菱電機「MJ-180MX」


2018年最新のMJ-P180NXの型落ちモデルになります。
ここまで除湿能力が高いと、年式による多少の機能的な差は実際使用する上では
なんら問題になりません。

最新型に対して価格的なメリットがあるかどうかがやはり入手の決め手になって
くることが多いと思います。

大手通販の口コミレビュー評価も非常に高い。
このレビュー評価の平均値はそのまんま鵜呑みにはできないのですが、外せない
問題があるなら高い評価は望めないので、この数値は高い!と理解してもいいと
思います。

楽天市場:4.79(33件)
アマゾン:4.40(14件)
ヤフー :4.63(70件)

いくつか抜粋したレビューをそのままの文面で書いておきます。

梅雨時や冬場に洗濯物が乾きにくいのでその対策で購入しました。
本体スペックにも記載してありましたが機体はやはり少し重く『持ち上げて自宅の二階で使う』となると女性ひとりでは大変かもしれません。
ただそれでも性能は優秀です。
タンクに溜まってくる水の量で実感できます。
実際6畳に2~3人の洗濯物が2.5時間で乾きます。
この手の家電は初めて購入しましたがオススメです。

今まで使っていた物が壊れてしまい、すぐに注文して3日で届きました!
女性が移動させるには結構重いのですが、下にキャスターが付いているのでなんとかなりそうです。
白でお部屋にあっても違和感なくお洒落に置ける感じですね。
使用感は静音ですぐに水が溜まり湿度もすぐに下がりましたので安心して使えそうです。

前に使って物に比べてパワーがすごいですね!
20畳鉄筋コンクリートの建物で湿度が高いので何を買おうか悩みましたが、他のサイトのクチコミにこちらの商品が最適だと判断して購入に至りましたが大正解でした。
ありがとう!

4月にマンションに越してきて、マンション隣が竹藪なのと一階ということもあって想像以上の湿気の酷さとカビに困り始めたので、こちらを購入しました。
まだ届いたばかりなのですが、とりあえず届いてすぐ使用してみたところ、操作は思ったよりシンプルで使いやすく、音も思ったより静かです。
除湿機能の方は湿度が下がっていくのが早く、水が落ち始めるのも早いように思います。
除湿機の購入が初めてなので、他のものと比較は出来ませんが、エアコンのドライも全く意味がない状態で、除湿機がない状態より遥かに快適になりそうなので、総合的には買ってよかったなと思いました!

1週間に1度程度訪れる別宅があるのですが、普段誰もいないことで、雨が続くと木製の家具にうっすらと青カビが!
消毒用エタノールで掃除するが、雨の日は湿度80%超。
これはいかんとネットで解決方法を探したところ、同じような方がいて、連続除湿できる機種を紹介。
早速、当器具を購入してホースつないで浴室へ。1週間フル稼働。おかげさまで常に湿度50%に保たれカビも出ず。
フル稼働していて1週間も目を離すのは多少不安だが、雨の季節だけと割り切って使ってます。

家電量販店で実際に見てみました。キャスターが動かしやすかったことと、タンクが大きいことが決め手になりました。とてもパワフルで短時間でこんなに水が溜まるなんてとびっくりしました。夜に洗濯物を室内干ししています。四人家族ですが冬場でもちゃんと乾きます。冬モードもあります。夜干しモードでは音が静かになり、襖一枚隔てた隣の部屋で寝ていても気になりません。他社製品ではキャスターが前後が左右の一方向しか動かないものが多いなか、これはくるくるどこへでも動かせます。掃除の時に地味に助かります。「動かしやすさ」も兼ね備えていて満足です。タンクいっぱい溜まると女性では重いです。半分くらいで捨てるようにしています。

①コンプレッサー方式・②除湿能力・③デザインと言うことでこれを選びました。 予想通りの除湿能力に満足しています。え~こんなに湿気あるの?って感じです。 また、何段階かの除湿設定で、自動運転・自動停止機能も良いです。 以前使っていた除湿機は、横移動のみのキャスターでちょっと不便だったが、これは、前後左右自由自在です。 持ち運びの取っ手も運び易い作りです。


使い方、使う環境によってはこんなレビューもあります。
ここで出てくるパナソニック製というのはハイブリッドタイプなのでしょう。
かなり気温が低い状況での使用と想像できますが、だとするとはなからコンプ
レッサーに向かない環境です。
ハイパワーと言っても、選択を間違えるとこうなる、よい例だと思います。

パナソニック製に比べて洗濯物がさっぱり乾きません。冬モードにしてもダメです。
音は大きくて風量もあるんですが、スイングの各モードの送風効率が悪すぎてダメです。
スイングモードは縦方向だけで、水平方向のスイングはありません。パナソニックは水平方向もスイングできます。
ハイパワーモデルだそうですが何のことだかわかりません。
扇風機としては使えます。部屋の除湿とかにはいいかもしれませんが、衣類乾燥には向きません。
失敗しました。
今後は除湿機はパナソニックにします。


以外に大きい、重い本体の持ち運びやすさや音の大きさ、水タンクの使い勝手
などが気になる点として挙げられています。

また、見た目にもわかりますが、吹き出し口が小さく、広範囲に風を当てるの
は苦手なように見えます。
床に向かって吹き出す機能のためかも知れないですが、これも使い方によって
は厳しい意見になる部分かも。

別荘のカビ対策という珍しい使い方もあるのだな・・・とよい参考にもなりま
した。

除湿能力の高さゆえに一番困っていたことが払拭されるので、そこの満足感が
他の細かいことを打ち消してしまうのでしょう。
それがそのまま評価点になっていると思います。

コンプレッサー型はよく運転音のうるささを挙げる意見が多く、かつては私も
そう思っていました。
ですが、一度試しに自分が使っているコンプレッサー型と同じレベルの能力の
デシカント型を購入して使った経験があります。

デシカントもうるさいですよ。
うるさいのは吹き出し口の風切り音です。

衣類乾燥モードの場合は大抵全開に近い状態でファンが回りますので、コンプ
レッサーの音などかき消すほどの風切音がします。

むしろ問題は振動の方だと思うんですよ。
なので、響いてしまう所で使うと影響が出る場合はあります。
パネル工法の2階や3階とか、壁の薄いアパートの2階から上とか。

ただ、それはレビューには出てこない。
あまり気にすることではないのかも知れません。

細かいですが良いポイントとして、自在コロがあります。
レビューにもありましたね。

ポータブルだけど結構重いものは底にコロがついて、持ち上げなくても転がして
移動できるものが多い。

ですが、動作が固定されてて、左右にしか動かせない、方向を変えるにはやはり
持ち上げないとだめな場合が多いのですが、MJ180は自在コロといってどの方向
にも転がせるタイプです。
意外とこれ、便利です。

もしかして振動のクッションにもなっているのかも。

気になる価格ですが・・・
型落ちだからといって必ず価格が下るとは限りません。
人気モデルは新型が出ても価格が下がらず、むしろプレミアがついて高くなって
しまうことが、家電でもあります。

逆に言えば、価格差がないなら最新型を選ぶ方がいい場合が多い。
なので、コストパフォーマンス良く、欲しい家電を入手するには、ある程度価格
差の変動を見て選ばないといけません。

2018年5月13日の価格コムの最安値ですが、
MJ-P180NX:39311円
MJ-180MX:34300円
MJ-180LX :36800円

夏間近となり、これから雨天が続く時期、入手に最適な時期はもうギリギリの
状態です。
ここでの価格メリットがあるなら、早めに入手しましょう。
品物自体が一気になくなりますので。

入手前には必ずその時点での価格チェックを!
大手通販でも意外な価格差があることが多いですよ。

▼大手通販の価格チェックはこちら▼



どうせなら最新型2018年MJ-P180NXも見ておきたい場合はこちらもチェック
しておきましょう。